2014/10/04

山梨に来る方法

 全国大会と関東ブロック大会を併催である山梨大会。
調べてみると,なかなか不便な場所にあることがわかります。おいでになる方がそうであるように,我ら甲州人も山梨から出かけるには苦労があります。
 裏技は大げさかも知れませんが,こんな方法もありますよ~の紹介です。

自然豊かな山梨「甲斐駒ヶ岳に沈む夕日」

★〔鉄路利用〕狩人の「あずさ2号」にのせて

四方を山で囲まれた山梨県。当然,来県のルートは限られています。空港はありません。まずはJRを利用を検討してみましょう。

★東京方面から
 JR中央本線です。新宿駅を起点に特急「あずさ」「かいじ」です。
 「あずさ3号」は,千葉を6:38発です。これが新宿を7:30発となり,1日目の公開授業に間に合います。
 ちなみに狩人の「あずさ2号」は,現在上り専用の呼称となり,甲府方面は奇数号となっています。歌の通りにはなりませんが,「あずさ3号」でも,気分だけは十分味わえます(!)
 特急「かいじ」は,基本的に甲府止まり。「あずさ」は,その先のさらに信州松本方面まで行く特急です。
 会場Aの「韮崎」に行く場合は,甲府より松本方面ですので注意しましょう。先ほどの「あずさ3号」は韮崎に停車します。停車しない特急もありますので,甲府から普通列車に乗り換えます。

★静岡方面から→台風18号により,不通区間が生じましたが,10/16再開されました!
 新幹線沿線から〔静岡〕まで来て乗り換える方法が使えるようになりました! 静岡発で身延線経由甲府行きの特急「ワイドビューふじかわ」で来県する方法です。
 途中,富士駅から身延線に入りますが,進行方向が逆になります。ですので,静岡を出発するときはまず座席と反対方向に動き出しますので,ちょっとビックリします(!)
 一番の甲府行きの特急「ワイドビューふじかわ」に乗っても,公開授業に間に合いませんので,前日入りか,帰りに利用できる?かもです。日本三大急流の一つである富士川沿いをゆっくり走る特急です。


 なお,関西方面からでは,実は〔名古屋〕乗り換え→中央西線〔塩尻〕乗り換えが距離的には最短となります。

★〔高速バス〕宿代節約なら,大阪・京都からの「クリスタルライナー」

 夜行バスがあります。大会前日の10月29日(水)の夜に大阪・京都を出ますと,甲府へ早朝の6:52に到着します。
 ここで,裏技ですが,甲府に到着したら,レセプション会場でもある「ホテル談露館」(徒歩8分)に行って,外来にて自慢の天然温泉へ入浴するのはいかがでしょうか。レンタルバスタオル付きで1000円(税別)、とあります。詳しくは,HPでご確認ください。
 入浴して,身支度を調えて,いざ公開会場へ! この方法なら前泊よりチープに甲府へ来れます。詳しくは「ホテル談露館」HPでご確認ください。

 途中「韮崎駅前」にも停まります。会場Aに行く場合は便利ですが,早朝到着のために時間をどう過ごすかは課題です。ファミレスなら営業しているかも?ですが,甲府で温泉の方がお奨めです。

 クリスタルライナーは予約制です。詳しくは,「山梨交通」HPでご確認ください。


★〔空路の場合〕羽田空港から甲府への高速バス 松任谷由実の「中央フリーウェイ」?

山梨には空港はありません。羽田空港をご利用の方は,基本的には,前日入りとなるでしょう。東京に前泊して,朝の特急で甲府に向かう~という方法があります。
 ただし,甲府で朝に余裕を持ちたい方は,羽田から高速バスで甲府入りしてしまう方法もあります。
 これには,羽田空港21:05第二ターミナル発→21:10第一ターミナル発の甲府行きを利用します。ただし,この便だと甲府着は夜かなり遅くなります。17:00台発,19:00台発もありますので, こちらも「山梨交通」HPでご確認ください。

他に高速バスは,
成田空港(17:50,20:30発)→甲府便
新宿西口ターミナル→甲府は多数あり(最終22:00発)

 でも~結局甲府は,遠いですね…(!)

0 件のコメント:

コメントを投稿