2014/10/23

ムカデの絵柄

 風呂敷にオリジナルのマークを入れました。その絵柄は…なんとムカデです!


山梨大会の風呂敷の絵柄

ムカデの旗印は,戦国時代の武将武田信玄の部隊に見られます。彼らは「百足衆」と呼ばれ,本陣において武将のそばに控え,伝令や周辺警護も担った精鋭たちです。金山を掘る衆がムカデを信仰したり,毘沙門天の使いと言われたりしていたようです。

 つまり戦国時代,郷土を駆け抜けた古のデザインなのです。

 それと,もうお気づきだと思いますが,ムカデを漢字で書くと「百足」。山梨大会テーマ「造形100年教育」を暗示しています。

 この風呂敷のマークは,デザインから仕上げまで,すべて一人の美術教師が手刷りにより仕上げました。こだわりの逸品です。

0 件のコメント:

コメントを投稿