2014/06/18

全国・関ブロ山梨大会の各会場をアップしました!

 ご愛顧いただいております山梨県造形教育研究会のホームページでは,全国・関東ブロック造形教育研究山梨大会の各会場について追記しました。

そもそも,山梨はこのへんでごいす。

 また,大会の各会場が開設しているホームページにリンクをはりました。

 「てっ! こんねん離れてるだけえ…。」 (訳:わっ! こんなに離れているのかあ…。)
 甲州弁ではこんな感じですが,改めて,各会場が離れていることに驚いたのではないでしょうか。

 そうなんです。このブログではすでにお話しさせていただきましたが,大会の1日目の〔公開授業(保育)・分科会〕は3つの市に分かれての分散型。当日は互いの会場はほぼ行き来できません。それぞれの課題にじっくりと向かい合っていただくことになります。
 そして大会2日目は,午前中は美術館で,午後は全体会で2日間のまとめを行います。

 全体会を大会のはじめに持っていく~?,そんな選択肢もありました。
 しかし,熟考の上,山梨ではまとめを重視し最後に持って行くことにしました。まず,見て感じていただいてから,成果や課題を共有し,新しい未来100年をみなさんと共に踏み出せたらと思います。
 

 
 
 


0 件のコメント:

コメントを投稿