2014/06/05

てっ!こんねんちっくいだけ!?~そう山梨ってこんなに小さいんです!

 今日は,実行委員長をはじめ,役員で4月より新しく就任されました阿部教育長に,大会開催に当たってのご挨拶をしてきました。
 スポーツはもちろんですが,こういった文化的な面も同じくらい大切に思うので,ぜひ頑張ってください。できるかぎり応援します~という旨のお話をいただきました。ありがたいことです。

 県の教育長さんとこうやって直接お会いできるのも,山梨が小さな県だから~ということもあるでしょう。どのくらい小さいかというと~
と,こんな具合です。これは造形教育の仲間である「関東ブロック」と呼んでいる関東甲信越静地区の都県と比較したものです。前回の全造連東京大会と比較するとびっくりするくらい小さいことが分かります。また,関東ブロックの昨年度の開催県の茨城県と比べても,おおよそ3分の1くらいの規模です。
教員数も,こんな感じです。茨城大会と同じようにするには,一人が3倍の仕事を,東京大会と同じようにするには,単純に一人の先生が10倍の仕事をこなさなければならないことになります!?
 
 はたして,どうなるのか…。改めてグラフを見たら,ちょっとため息が出てしまいました。他の都道府県の皆様,どうかあたたかな目で見てください。よろしくお願いします(泣)
 
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿